« 2014年06月09日~06月21日の朝の手紙 | トップページ | 2014年06月30日~07月12日の朝の手紙 »

2014年8月17日 (日)

2014年06月23日~06月28日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2014年06月23日[爪を切りながら]
2014年06月24日[私を本当に好きな人]
2014年06月25日['大地の上を歩く'奇跡]
2014年06月26日[私に合う人生]
2014年06月27日[道に迷ってさまようとき]
2014年06月28日[本当のあなたと会うとき…]

06月23日~06月28日の朝の手紙(PDF)06月23日~06月28日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

진짜 그대와 만날 때...
괴테는
'자기긍정- 타인긍정'의
태도에 대해 다음과 같이 말했다.
"우리가 사람을 있는 그대로 대할 때, 우리는
있는 그대로의 그보다 그를 안 좋게 만드는 것이다.
그의 가능성대로 이미 된 것처럼 대할 때 우리는
그가 되어야 할 모습대로 만들 수 있다."
우리를 이끌어가는 샛별은 사람들 사이에 존재하는
더 나은 것들에 대한 신뢰이다.
- 에이미 해리스의《완전한 자기긍정 타인긍정》중에서 -
* 다른 사람을 미리 재단하여
눈에 보이는 대로 섣부른 결론을 내릴 때가 많습니다.
내 마음속의 진짜 나를 누군가 알아봐주기를 바라듯,
다른 사람의 마음속 진짜 그를 알아보고 만날 때
서로가 진짜 만나게 되는 것 아닐까 하는
생각이 드는 아침입니다.

本当のあなたと会うとき…
ゲーテは
'自己肯定‐他人肯定'の
態度について、次のように言った
"我々が人にあるがまま接するとき、我々は
あるがままの彼より、彼をよくなくさせるのだ
彼の可能性のまま、すでにそうなっているように、接するとき我々は
彼がならなければならない姿にすることができる"
我々を導く新星は人々の間に存在する
より良くすることに対する信頼だ
- エイミー・ハリスの<完全な自己肯定他人肯定>より -
* 他の人を事前に裁いて
目に見えるまま、まずい結論を出すときが多きです。
心の中の本当の私を、誰かが理解してくれるのを望むように
他人の心の中の本当の彼を、理解して会うとき
お互いが本当に出会うようになるのではないかと
気がする朝です。

途中足が遠のいて2か月くらいたまっちゃいましたが。。。

やっぱり少しづつでも朝の手紙は翻訳しないとって思いました。

翻訳の過程で、私が逆に救われていました(苦笑)

のろのろですけど、これからもお付き合いのほどよろしくお願いします。

|

« 2014年06月09日~06月21日の朝の手紙 | トップページ | 2014年06月30日~07月12日の朝の手紙 »

韓国語@2014コ・ドウォンの朝の手紙」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年06月23日~06月28日の朝の手紙:

« 2014年06月09日~06月21日の朝の手紙 | トップページ | 2014年06月30日~07月12日の朝の手紙 »