« 2014年09月01日~09月06日の朝の手紙 | トップページ | 韓国語学習ジャーナルhana vol.3買いました »

2014年9月13日 (土)

2014年09月10日~09月13日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2014年09月10日[デンマーク人は寂しくない]
2014年09月11日[過ぎてみれば、美しかったと思った2つのこと]
2014年09月12日[詩人の誕生]
2014年09月13日[自己調整能力]

09月10日~09月13日の朝の手紙(PDF)09月10日~09月13日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

지나고 보면 아름다웠다 싶은 것 두 가지
지나고 보면
아름다웠다 싶은 것 두 가지가 있다.
하나는 여행이고 다른 하나는 청춘이다.
이 둘은 진행 중일 때는 그 아름다움과 소중함을
잘 느끼지 못한다. 하지만 시간이 흐르면
천천히 미소로 바뀌면서 재미있는
추억이 된다. 고생이 심할수록
이야깃거리는 많아지게
마련이다.
- 홍영철의《너는 가슴을 따라 살고 있는가》중에서 -
* 여행도 고생이고
청춘도 고통의 시기이지만
지나고 보면 다 아름다운 추억으로 다가옵니다.
청춘은 다시 되돌아 갈 수 없어도 여행은 언제든
다시 떠날 수 있어 천만다행입니다. 그래서
우리는 늘 새로운 여행을 준비하고
다시 떠날 채비를 하게 됩니다.
청춘의 마음으로.

過ぎてみれば、美しかったと思った2つのこと
過ぎてみれば
美しかったと思った2つのことがあった
一つは旅行であり、もう一つが青春だ
この二つは、進行中である時、その美しさと大切さを
よく感じるとこができなかった。しかし、時間が流れれば
だんだん微笑みに変わりながら、楽しい
追憶になった。苦労が激しいほど
話の種は多く
なるものだ
- ホン・チョンイルの<あなたの心にしたがって生きているか>より -
* 旅行も苦労であり
青春も苦痛の時間だが
過ぎてみれば、すべて美しい記憶として近づきます
青春はもう一度、引き返すことはできなくても、旅行はいつでも
もう一度旅立つことができ、幸いだ。だから
我々はずっと新しい旅行を準備して
もう一度旅立つ準備をするようになります
青春の心で

本当にそうですね。。。

40を迎えてもう青春はちょっと無理かもですが、

青春の心であちらこちら旅に出て、心は若くいたいですね^^

|

« 2014年09月01日~09月06日の朝の手紙 | トップページ | 韓国語学習ジャーナルhana vol.3買いました »

韓国語@2014コ・ドウォンの朝の手紙」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年09月10日~09月13日の朝の手紙:

« 2014年09月01日~09月06日の朝の手紙 | トップページ | 韓国語学習ジャーナルhana vol.3買いました »