« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月30日 (日)

ウルルン島の象岩と宮崎県日向市の馬ケ背

日向市馬ケ背

NHKレベルアップハングル講座11月号の35回でウルルン島の象岩が出てきました。

その岩が、石を割っておいたような一定の配列をしている。。。

というところを読んで、宮崎県日向市の馬ケ背を思い出しました。

この岩も石を割っておいたような一定の配列をしていました~

柱状節理といって、マグマが冷えて固まってこのようなもようになったそうです。

やっぱり九州と韓国は近いなぁ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月23日 (日)

2014年11月17日~11月22日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2014年11月17日[あなたの声を聞く]
2014年11月18日[理解と共感]
2014年11月19日[6秒の抱擁]
2014年11月20日[私の体]
2014年11月21日[男やもめキムチ]
2014年11月22日[もう一度若く戻るなら]

11月17日~11月22日の朝の手紙(PDF)11月17日~11月22日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

다시 젊음으로 돌아간다면
내가 만일 다시 젊음으로 되돌아간다면,
겨우 시키는 일을 하며 늙지는 않을 것이니
아침에 일어나 하고 싶은 일을 하는 사람이 되어
천둥처럼 내 자신에게 놀라워하리라.
신(神)은 깊은 곳에 나를 숨겨 두었으니
헤매며 나를 찾을 수밖에
그러나 신도 들킬 때가 있어
신이 감추어 둔 나를 찾는 날 나는 승리하리.
길이 보이거든 사자의 입속으로 머리를 처넣듯
용감하게 그 길로 돌진하여 의심을 깨뜨리고
길이 안보이거든 조용히 주어진 일을 할 뿐
신이 나를 어디로 데려다 놓든 그곳이
바로 내가 있어야 할 곳.
- 구본형의《미치지 못해 미칠 것 같은 젊음》중에서 -
* 살면서 항상 답답했습니다.
목이 마르고 숨이 찼다고 해야 할까요.
좋은 마음, 행복한 마음으로 세상을 건너고 싶지만
언제나 작은 일들에 상처받는 내가 안타까웠습니다.
이제 신이 감추어둔 나의 길을 찾았으니, 사자의 입속으로
머리를 처넣듯 용기로 일상을 살아 승리의 노래가
흘러넘치는 나날을 살아낼 것입니다.
감사합니다.

もう一度若く戻るなら
私が、万一もう一度若さが戻れば
やっとできることをして、老いないだろうから
朝起きて、したいことをする人になって
稲妻のように、私自身におどろくだろう
神は深いところに、私を隠しておくから
さまよって、私を探すだけ
しかし、神も見つかるときがあって
神が隠しておいた私を探す日、私は勝利する
道を見ても、ライオンの口の中で頭を突っ込むように
勇敢にその道を突進して、疑いを壊して
道が見えなくても、静かに与えられたことをするだけ
神が私をどこにつ入れて行ってそこが
まさに、私がいなければならないところ
- ク・ボンヒョンの<狂わず狂おしい若さ>より -
* 生きながらいつもすっきりしませんでした
のどが渇き、息が詰まったとしなければでしょうか
いい心、幸せな心で世の中を渡りたいなら
いつも小さなことにキズを受ける私がもったいなかったです
これからは、神が隠しておいた私の道を探したから、ライオンの口に
頭を突っ込むような勇気で日常を生きて、勝利の歌が
あふれる日々を生きるのです
ありがとうございます

そうでした・・・この文章を読んでて思いましたが

不幸を他人のせいにすることができるように出来るし

不幸を不幸と考えないこともできる。

そういう意味では、

私が幸せであるかどうかは、私で決めることができるんですね。

これからも、いい方向ばかり考えていきたいと思いますww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月18日 (火)

韓国語学習ジャーナルhana vol.4買いました

韓国語学習ジャーナルhana vol.4買いました

今回は、本を楽しむということで、本の買い方や、ブックカフェの紹介でしたー。

一時期多読にはまっていたので、また韓国に行って色々本を見てみたいなーとおもいました。

NHKレベルアップハングル講座が、金東漢先生の紀行文の講座も面白くて、また本が読みたくなってきましたー!

そうそう、아시나요(ご存知ですか)っていう曲の歌詞が載っていたのですが・・・

그대 오는 그 길목에 숨어
저만치 가는 뒷모습이라도
미음껏 보려고 한참을 서성인 나였음을

(あなたが行き来するあの街角に隠れて
少し離れたところで、行く後姿でも
思う存分見ようと、長い時間行ったり来たりしてた僕を)

ここを読んだとき、え?ストーカー?ってぞーっと寒気がしてしまいました(笑)。

ビックらこきました。これはアウトじゃないのかしら(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月17日 (月)

2014年11月10日~11月15日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2014年11月10日[初めての出会い、初めての視線]
2014年11月11日['共感'のメカニズム]
2014年11月12日[祖母の懐、私だけの安全地帯]
2014年11月13日[私を眺める時間]
2014年11月14日[社交的な人]
2014年11月15日[人生の年輪]

11月03日~11月08日の朝の手紙(PDF)11月03日~11月08日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

사교적인 사람
우리는
사교적인 사람들에게
자연히 끌리기 마련이다.
폐쇄적인 성격이거나 낯을 가리는
사람들보다는 말을 붙이기가 쉽기 때문이다.
물론 탁월한 대화 능력으로 상대를 편안하게
해준다고 해서 깊이 있는 관계로 발전하는 것은
아니다. 그러나 근접성과 마찬가지로 붙임성은
깊이 있는 관계로 발전할 잠재성에
불을 붙여준다.
칼린 플로라의《깊이 있는 관계는 어떻게 만들어지는가》중에서
* 사교성.
중요한 재능이요
엄청난 경쟁력입니다.
내가 먼저 다가가야 합니다.
내가 먼저 미소로 다가가 상냥한 말을
건네야 합니다. 내 마음 안에 사랑과 감사,
기쁨의 엔진이 잘 작동돼야
가능합니다.

社交的な人
我々は
社交的な人に
自然にひかれてしまうものだ
閉鎖的性格や、人見知りをする
人たちより、話しかけやすいからだ
もちろん卓越した対話能力で相手を平安に
してあげようとして、深みのある関係に発展することは
ない。しかし、近接性と同じく愛想は
深みのある関係で発展する潜在性に
火を付けてくれる
- カーリン・フローラの<深みのある関係はどう作るか>より -
* 社交的
重要な才能です
とてつもない競争力です
私がまず近づかなければなりません
私がまず、ほほえみで近づいて優しい言葉を
かけなければならなりません。私の心の中の愛と感謝
喜びのエンジンがちゃんと動いて
可能です

私は社交的な方ではないですが、心を開くことはできそうです。

せっかく生きるなら、心を開いて軽く生きていきたいですねw

11月も半分を過ぎました。2014年も残すところあと一月半とは・・・

40になったとおもったらもう41だわー早すぎる(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月10日 (月)

NHKレベルアップハングル講座H26.10月号解きました!

NHKレベルアップハングル講座H26.10月号

ボチボチこなしてやっと読み終わりました~

やっぱり、本に書き込んだりしているとちょっと傷んじゃいますね。

その傷んだのが勉強したあかしかなーってちょっとだけ誇らしいです。

韓国・美しい風景をたづねてということで

ソウル近郊の鳥舞楽渓谷から江原道の北坪市場まで、ちょっと海の話が載っていて、

慶州へ行く途中のきれいな海を思い出しました。

11月号も楽しんで読んでいきたいと思います!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 9日 (日)

2014年11月03日~11月08日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2014年11月03日[別れと出会い]
2014年11月04日[流れる愛]
2014年11月05日[無尽蔵の話]
2014年11月06日[忘れた昔の歌]
2014年11月07日[ゲーテの達人語録]
2014年11月08日[旅立たなければならない瞬間]

11月03日~11月08日の朝の手紙(PDF)11月03日~11月08日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

떠나야 할 순간
인간은 두 번 태어난다.
한 번은 어머니의 자궁에서,
또 한 번은 여행길 위에서.
이제껏 한 번도 여행을 떠나지 않았다면,
모두에겐 또 한 번의 탄생이 남아 있는 셈이었다.
소심한 자는 평생 떠날 수 없다. 더 이상
안전한 삶에 대한 미련이 내 발목을
잡게 둬서는 안 된다.
- 파비안 직스투스 쾨르너의《저니맨》중에서 -
* 근래 '꽃보다 청춘'이란 프로그램이
한창 인기를 끌었죠. 누구나 떠나고 싶다 말하지만
떠나지 못하는 이유들로 남의 여행기에 열광했던 것
같습니다. 부족하고 메마른 일상에 쉼표와 동시에
낯선 곳에서 나만의 발자국을 찍어보는 것!
지금이야말로 당신이 떠나야 하는
순간입니다.

旅立たなければならない瞬間
人間は2回生まれる
一度は母の子宮から
もう一回は旅行の道の上で
今まで一度も旅行してないなら
皆には、もう一つの誕生が残っているわけだ
小心者は一生旅立てない。これ以上
安全な人生について未練が、私の足首を
つかんだままではいけない
- ファビアン・シクストゥス・コーナーの<ジャニーマン>より -
* 近頃'花より青春'というプログラムが
盛んに人気を引いています。誰でも旅立ちたいというが
旅立てない理由で、他人の旅行記に熱狂した
ようです。不足で、潤いのない日常に、終止符と同時に
慣れないところで私だけの足あとを刻むこと!
今こそ、あなたが旅立たなければならない
瞬間です

円安でもウォン高でもいいです。

韓国行きたいなぁ~

今年はあちこち日本を回っていますが、やっぱ韓国も行きたいなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 1日 (土)

2014年10月20日~11月01日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2014年10月20日[読書とソバ]
2014年10月21日['後にしよう']
2014年10月22日['傷ついたヒーラー']
2014年10月23日['一心一徳'、一つの心、同じ考えで]
2014年10月24日[恋人の体臭]
2014年10月25日[基本に忠実に!]
2014年10月27日[撫でること]
2014年10月28日[教育も発明だ]
2014年10月29日['三年之艾']
2014年10月30日[調和]
2014年10月31日[桑の木]
2014年11月01日[捨てて得られる]

10月20日~11月01日の朝の手紙(PDF)10月20日~11月01日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

버려야 얻는다
대부분 버리지 못해
새로운 것이 들어설 수 없다.
버리면 마치 죽을 것처럼 갖가지 것들에
미련이 남는다. 하지만 진실로 열정을 다했다면
돌아서 버릴 수도 있다. 하지만 한 번도
치열하게 살지 못했다면 미련이 남는다.
미련없이 살아야만 버리는 것도
과감할 수 있다. 이것은 물질,
정신 모두에 해당된다.
- 서정현의《더 늦기전에 더 잃기전에》중에서 -
* 한 번 써보지 못한 머그잔은
늘 그 자리에 있습니다. 1년 365일 커피를 담아
마셨다면 다시 새로운 걸 살 수도 있습니다.
물질이든 마음이든 온전히 그것을 소비하고,
내 마음이 최선을 다했다면 그것으로 된
것입니다. 그리고 우린 또 새로운 것을
구입하고, 또 새로운 마음으로
다시 시작하면 됩니다.   

捨てて得られる 
大部分は捨てられず
新しいことが、入ることができない
捨てれば、まるで人が死んだかのように様々なことに
未練が残る。しかし、本当に情熱をつくしたら
転じて捨てることができる。しかし一度も
熾烈に生きることができなければ、未練が残る
未練なく生きれば、捨てることも
果敢にできる。これは物質
精神すべてに該当する
- ソ・ジョンヒョンの<遅れる前に忘れる前に>より -
* 一度も使ったことがないマグカップは
ずっとその場にあります。1年365日コーヒーを注いで
飲めば、再び新しいものをかうことができます
物質でも、心でも、完全にそれを消費して
私の心が最善を尽くしたら、そうなる
のです。そして我々もまた新しいものを
購入して、また新しい心で
再び始めればよいのです

この朝の手紙を見て思いましたが、捨てられないのはある種の執着のような気がします。

執着すると、逆にだめなような気がします。

1年触ってないのは思い切ってぽいっと捨てて、空間をあけて新しい風を吹き込みたいですね。

そう思った11月の初日でした!

(なんかそんなテレビが最近やっていたような・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »