« 2015年02月09日~02月14日の朝の手紙 | トップページ | スマホの節電 くまモン版 »

2015年3月 1日 (日)

2015年02月16日~02月28日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2015年02月16日[トスカニーニの記憶力]
2015年02月17日[田舎の小犬]
2015年02月23日[30年前の私の姿]
2015年02月24日['目覚める'経験]
2015年02月25日[あなたの胸に植えた木]
2015年02月26日[記憶が絶たれていた記憶]
2015年02月27日[本一冊の革命]
2015年02月28日[五つの懺悔]

02月16日~02月28日の朝の手紙(PDF)02月16日~02月28日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

기억이 끊겼던 기억
언젠가 의자 위에 올라
전구를 갈다가 뒤로 넘어지면서
뒤통수를 다쳐 정신을 잃은 적이 있었다.
그때 나는 기억이 끊기는 것이 느껴졌다.
내가 심하게 다쳤을 때 자아는 사라진 것이다.
에너지의 통일성이 끊겼기 때문이다. 시간이
흐르면서 기억은 점차 회복되었다.
에너지가 다시 모이자 자아
또한 다시 나타났다.
- 김정일의《나도 내가 궁금하다》중에서 - 
* '필름이 끊겼다'고도 하지요?
한 순간에 기억이 툭 끊겼던 경험,
더러 있을 것입니다. 몹시 취했을 때,
불의의 사고를 당했을 때 경험하는 일입니다.
어떤 경우이든, 안 좋은 기억들을 지워내고
다시 시작한다면, '기억이 끊겼던 기억'도
좋은 추억이 될 수 있습니다.
새로운 깨달음의 추억.

記憶が絶たれていた記憶
いつか椅子の上に登って
電球を替えて、後ろに倒れながら
後頭部を打って、意識を失ったことがあった
その時私は、記憶が切れたことが感じられた
私がひどく打った時、自我は消えたのだ
エネルギーの統一性が絶たれたからだ。時間が
流れながら、記憶は漸次回復された
エネルギーが、もう一度集まって自我
もまた現れた
- キム・ジョンイルの<私も私が気になる>より -
* 'フィルムが切れた'というでしょう?
一瞬で記憶が、ぷっつり切れた経験
たまにあるでしょう。ひどく酔った時
不意の事故にあった時、経験することです
どんな場合にも、よくない記憶を消して
もう一度始めれば'記憶が絶たれていた記憶'も
良い記憶になることができます
新しい悟りの記憶

目が覚めたらここはどこだろう?

あれれなんでこんな激しい頭痛?全く思い出せないよー

なんていうことがつい最近までありました(滝汗)

そんな絶たれた記憶も今年は大切にしていきたいと思います。

|

« 2015年02月09日~02月14日の朝の手紙 | トップページ | スマホの節電 くまモン版 »

韓国語@2015コ・ドウォンの朝の手紙」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015年02月16日~02月28日の朝の手紙:

« 2015年02月09日~02月14日の朝の手紙 | トップページ | スマホの節電 くまモン版 »