« 2015年03月30日~04月11日の朝の手紙 | トップページ | Runtastic GPS ランニング&ウォーキング »

2015年4月18日 (土)

2015年04月13日~04月18日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2015年04月13日['晴れ。獄門を出た']
2015年04月14日['兄さん、本当にこうなの!']
2015年04月15日['大丈夫、大丈夫、大丈夫']
2015年04月16日[母の背中、母のパーマ頭、母のしわ]
2015年04月17日['人の道理']
2015年04月18日[私の記憶の中に埋まっていたから]

04月13日~04月18日の朝の手紙(PDF)04月13日~04月18日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

'맑음. 옥문을 나왔다.'
이순신은 어명 거부 죄목으로
심한 고문을 받고 28일 동안 투옥되었습니다. 
백의종군으로 간신히 풀려난 1597년 4월1일,
'난중일기'에 이렇게 적었습니다. "맑음. 옥문을 나왔다."
이튿날인 4월2일에는 "필공을 불러 붓을 매게 했다."고
적었습니다. 생사를 넘나드는 막다른 상황에서도
결코 체념, 분노, 절망을 선택하지 않았습니다.
'맑음'은 자신에게 주어진 가혹한 운명을
담담히 받아들이겠다는 심정의 표현이고,
'붓을 매게 했다'는 것은 과거에 매이지
않고 내일을 준비하겠다는
의지의 표현입니다.
- 정지환의《30초 감사》중에서 -
* 그래서 '성웅'(聖雄)입니다.
'나라를 건져낸' 최고의 지도자입니다.
그 어떤 상황에서도 절망을 선택하지 않고,
아무리 어려운 처지에서도 내일을 준비하는
성웅이 있었기 때문에 오늘의 우리도 있습니다.
"맑음. 옥문을 나왔다."는 그 짧은 한 마디에
위로도 받고 용기도 얻습니다.
'맑음'을 꿈꿉니다.

'晴れ。獄門を出た'
李舜臣は、王命を拒否した罪名で
ひどい拷問を受け28日の間投獄されました
一兵卒として、辛うじて解放された1597年4月1日
'乱中日記'にこのよう書きました。'晴れ。獄門を出た'
二日目の4月2日には'畢公を呼んで、筆を結った'と
書きました。生死を行き来する、のっびきならない状況でも
決して諦念、憤怒、絶望を選択しませんでした
'晴れ'は、自分に与えられた過酷な運命を
淡淡と受け入れる心情の表現で
'筆を結った'ということは過去にとらわれ
ず、明日を準備する
意思の表現です
- チョン・ジファンの<30秒感謝>より -
* だから'聖雄'です
'国を救う'最高の指導者です
そのどんな状況にも、絶望を選択せず
いくら難しい立場でも明日を準備する
聖雄がいるから、今日の我々もいます
'晴れ。獄門を出た'という短い一言に
慰労を受け、勇気も得ます
'晴れ'を夢見ます

最近、快調だったジョギングですが、ここ数回走ると脛と太ももが痛くなることが続きました。

ネットで検索してみると、どうもフォームを崩してひざが伸び切ってる状態で着地しているのが原因のようでした。

そしてこの朝の手紙。

過去はスパッと忘れて、また明日から出直しなさいということだともいました。

今度は、ひざを曲げて着地するを目標にがんばってみようっと。

P.S.
instagramのつぶやきに、なるべく韓国語と英語でもつぶやくようにしました。Twitterでは文字制限に引っかかる場合もありますが、ちょっとでもお勉強という感じで頑張っております~

|

« 2015年03月30日~04月11日の朝の手紙 | トップページ | Runtastic GPS ランニング&ウォーキング »

韓国語@2015コ・ドウォンの朝の手紙」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015年04月13日~04月18日の朝の手紙:

« 2015年03月30日~04月11日の朝の手紙 | トップページ | Runtastic GPS ランニング&ウォーキング »