« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月25日 (金)

累計距離が700kmを越えました。

ボチボチ記録始めた、ジョギングと登山の距離ですが、先日700kmを越えました。

40代になって運動するようになるなんて・・・運動音痴の私が…

小学校時代の友人はきっと信じてくれないでしょうね(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月24日 (木)

みたいと思っていた風景

佐賀平野と蛇行する六角川

登山して「見たい!」と思っていた風景がこれでした。

佐賀平野と蛇行する六角川です。

東北在住中に見た庄内平野になんだか懐かしさを感じたのは、

佐賀平野に似ていたから?

とふと思って、見てみようと思い立ったのが6月。

その時は梅雨空で全く見えませんでしたが(号泣)

この日は見えました。

佐賀平野もなかなかのもんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月22日 (火)

2015年09月07日~09月19日の朝の手紙

 朝の手紙の翻訳を公開します。

2015年09月07日[また愛することができるか?]
2015年09月08日[孤独の痛み]
2015年09月09日[作家になる夢]
2015年09月10日[砂漠で重要なこと]
2015年09月11日[ちゃんと遊んでちゃんと大きくなる]
2015年09月12日[私の人生の最初の日]
2015年09月14日['自発的な奴隷']
2015年09月15日[頂上に登った人]
2015年09月16日[私たちはそう生きよう]
2015年09月17日[人をつかむ魅力です]
2015年09月18日[私の木'私の魂の木']
2015年09月19日[ご飯は架け橋だ]

09月07日~09月19日の朝の手紙(PDF)09月07日~09月19日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

나의 나무, '내 영혼의 나무'
나무나 풀을 좋아하는 나는
잠이 안 오거나 마음이 심란할 때
나무를 생각한다. 우리 집 마당과 뒤란에 있는
싱싱한 나무를 떠올리곤 하지. 어떻게 하면
화초를 더 예쁘게 가꾸고 기를지 궁리하는
것이다. 그러면 저절로 행복해진다.
삶이 즐거워진다.
- 손봉호, 옥명호의《답없는 너에게》중에서 -
* 깊은산속 옹달샘에도
저의 나무, 제 영혼의 나무가 있습니다.
마음의 풍랑이 일 때마다 그 나무를 찾아가
말을 건넵니다. "나무야, 고마워! 그 자리에 이렇게
흔들림없이 서 있어줘서." 그러면 나무가 대답합니다.
"나도 고마워! 이렇게 찾아와 줘서. 힘들면 또 와."
그러고 나면 다시 새 힘이 생깁니다.
마음이 가벼워집니다.

私の木'私の魂の木'
木や草が好きな私は
眠れない時や、心が乱れるとき
木を考える。我々の家の庭と裏にある
みずみずしい木を思い浮かべたりする。どうすれば
草花をさらにきれいにそだてられるか工夫
するのだ。そうすれば、おのずから幸せになる
人生が楽しくなる
- ソン・プンホ、オク・ミョンホの<答えのないあなたに>より -
* 深い山中の小さな泉にも
私の木、私の魂の木があります
心の波風があるごとに、私の木を探して
声をかけます。"木よ、ありがとう。その場所で
ゆるぎなく立ってくれていて"、そうすると木が答えます
"私もありがとう!こんなに来てくれて。辛かったらまた来なさい!"
そうすると、もう一度新しい力が湧きます
心が軽くなります。

東北で、きれいなブナ林をよく見たのですが、

こちらではきっと見れないんだろうなとおもっていました。

そんな時、脊振山系の800mを超える山頂付近にブナ林があるのを知りました。

近いうちに懐かしいブナ林を見に行ってきたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月 6日 (日)

2015年08月24日~09月05日の朝の手紙

 朝の手紙の翻訳を公開します。

2015年08月24日[高山の適応]
2015年08月25日[愛するようになった後…]
2015年08月26日[短い休息、偉大な夢]
2015年08月27日[共鳴]
2015年08月28日[心の監獄]
2015年08月29日[親切な心]
2015年08月31日[寛大な人]
2015年09月01日[家族間の傷]
2015年09月02日[臆病ものの子供]
2015年09月03日[どこへ行くのか…]
2015年09月04日[ちょっと素敵に生きよう]
2015年09月05日[生命の木]

08月24日~09月05日の朝の手紙(PDF)08月24日~09月05日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

생명의 나무
다윈 이전의 진화론은
생물이 하등동물에서 고등동물로
단계별로 진화한다는 사다리 모형이었다.
그러나 다윈은 나무가 가지를 치듯
생물이 진화한다는 생명의 나무 모형을 고안했다.
인간을 포함한 모든 생명체는 가지의 끝에 달린
진화의 최종단계다. 고로 종의 우열은
존재하지 않는다.
- 이연대의《Biography '최재천편'》중에서 -
* 남들보다 더 많이, 더 크게...
너도 나도 '비교'의 잣대를 기준으로
행복의 크기를 결정하는 시대에서 '생명의 나무'를
꺼내듭니다. 우리들은 모두 바로 '오늘', 각자의 인생에서
가장 지혜로운 진화의 최종단계입니다. 행복한 오늘,
지혜로운 내일이 있을 뿐입니다. 우리 모두는
각자 저마다의 생명의 나무를 건강하게,
싱그럽게 키울 뿐입니다.

生命の木
ダーウィン以前の進化論は
生命が、下等動物から高等動物に
段階別に進化する梯子モデルだった
しかし、ダーウィンは木が枝を広げるように
生物が進化する生命の木モデルを考案した
人源を含む生命体は枝の端にぶら下がった
進化の最終段階だ。ゆえに種の優劣は
存在しない
- イ・ヨンデの<Biography '崔載千編'>より -
* 他よりたくさん、他より大きく…
あなたも、私も'比較'の物差しを基準に
幸せの大きさを決定する時代で'生命の木'を
持ち出します。我々はすべてまさに'今日'各自の人生で
一番賢明な進化の最終段階です。幸せの今日
賢明な明日があるだけです。われわれ皆は
各自ごとの生命の木を健康に
さわやかに育てるだけです。

9月に入りました。急に涼しくなって過ごし易くなりました。

いい季節になってきました。

さー暑くて辛い登山ばかりだったけど

これからはさわやかに楽しめそうですね。たのしみだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »