« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月24日 (火)

スマホのハングル入力

最近気づかない間に、周りの方々の割合がテンキーのフリック入力で、メールやラインをしてるが多いのに気づきました。

そこで私も!

って思って始めたのですが、一つ問題に引っかかりました。

韓国語は、パソコンのキーボード入力なんです(泣)

じゃあ韓国語もテンキー入力にしてみようかなと思ったら、

韓国語のテンキー入力は3種類あるんですね。

アンドロイド韓国語キーボードアプリ紹介
☆秋田日韓コミュニティー アンニョン韓国語教室☆

韓国人のお友達に聞いたら、LGとSkyVegaが多いそうです。

今私が使ってる韓国語入力をテンキーに切り替えたら、サムスンの形式でした。

サムスンの形式は、昔の携帯電話の入力形式なんだそうで今はあまり人気がないんだとか。

ううむ。。そうなんですね

それで皆さん、スマホのハングル入力はキーボード入力なのかな?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月23日 (月)

2015年11月16日~11月21日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2015年11月16日[踊り手の没入]
2015年11月17日[治癒を探していく旅情]
2015年11月18日[アインシュタインが言った]
2015年11月19日['48色クレパス'を持ちたいです!]
2015年11月20日[甘い孤独]
2015年11月21日[思い浮かぶ名前]

11月16日~11月21日の朝の手紙(PDF)11月16日~11月21日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

치유를 찾아가는 여정
나는 놀라운
치유 여정을 마친 후,
나 자신이 좀 더 겸허해졌고
무언가 선택받았다는 느낌이 들었다.
나는 치유 여정을 잘 견디어냈고 참으로
완벽하게 안내받을 수 있었던 것에 감사했다.
그것은 새로운 것, 곧 온전한 내맡김,
놓아버리기, 치유를 찾아가는
여정이었다.
- 브랜든 베이스의《치유, 아름다운 모험》중에서 -
* 누구나 한 번쯤은
'치유를 찾아가는 여정'이 필요합니다.
지난 시절의 아픔과 상처를 말끔히 씻어내기 위해서...
놓쳤거나 잃어버린 길을 다시 찾기 위해서...
열정의 불꽃을 피워올리기 위해서...
그 무엇보다도 나를 다시
찾기 위해서...

治癒を探していく旅情
私は、驚くべき
治癒の旅情を終えた後
私自身が、さらに謙虚になって
何か選択された感じがした
私は治癒の旅情を、よく耐え本当に
完璧に案内されたことを感謝した
それは新しいこと、まさに完全に委ねること
離すこと、治癒を探していく
旅情だった
- ブランドン・バスの<治癒、美しい冒険> -
* 誰でも一度くらいは
'治癒を探していく旅情'が必要です
過ぎ去った時節の痛みと傷をきれいに洗うために…
逃がしたり、失った道をもう一度探すために…
情熱の花火を咲かせるために…
そのなによりも、もう一度私を
探すために…

11月後半ですが、まだまだ日中20度くらいになります。

今年の秋は本当に暖かいですね~

若干・・体が違和感を感じてますが(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月15日 (日)

2015年11月09日~11月14日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2015年11月09日['何故その人を愛するようになったのでしょう?']
2015年11月10日[正当な自負心]
2015年11月11日[人生の授業料]
2015年11月12日[良い穀物、良い野菜]
2015年11月13日[愛する準備]
2015年11月14日[心の風]

11月09日~11月14日の朝の手紙(PDF)11月09日~11月14日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

정당한 자부심
자부심이 있는
사람들이 얻는 축복은 그야말로
귀중하지만 이것은 내면의 축복이다.
자부심이란 자신에 대한 정당한 사랑이며,
이런 사랑을 정당화하는 것은 남들의 인정을
받든 말든 진실한 탁월성이나 재능뿐이라는
사실을 잊지 말아야 한다.
- 홍선영의《무엇이 탁월한 삶인가》중에서 -
* '자신에 대한 정당한 사랑'.
'자부심'에 대한 새로운 정의가 아닌가 싶습니다.
그 자부심이 자신이 가진 재능의 탁월성에서
드러날 때, 그렇게 드러나도록 살아갈 때,
진정 축복받은 사람이 될 수 있습니다.
정당한 자부심을 자기 마음 안에 
품을 수 있습니다.

正当な自負心
自負心がある
人々が得る祝福は、それこそ
貴重だが、これは内面の祝福だ
自負心とは、自分に対しての正当な愛であり
このような愛を正当化することは、他人の認定を
受けても、受けなくても真実な卓越性や、才能だけという
事実を忘れてはならない
- ホン・ソンヨンの<何が卓越した人生か>より -
* '自分について正当な愛'
'自負心'に対して新しい定義ではないかと思います
その自負心が自分が持った才能の卓越性から
現れるとき、そう現れるように生きるとき
本当の祝福を受ける人になることができます
本当の自負心を私自身の心の中に
抱くことができます

韓国のことをずっとこのブログを通じて考えてきましたが

たどり着いたのは、韓国からの日本の評価にかかわらず

日本人らしくあるというのが大切なのかなということでした。

自分らしく努めれば、批判を受けても悔いはありません。

私自身、あんまり評判を気にしなくなって世間からずれてるかもしれないけど(笑)

その分、なんかとても生きやすくなった気がします。

さー今年もあと1ヶ月半を割りました!

早すぎるけど今年も無事過ごしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 8日 (日)

2015年11月02日~11月07日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2015年11月02日[揺れは、私の心の波]
2015年11月03日[ただ感じなさい]
2015年11月04日[誰でもあってはいけません]
2015年11月05日[火を消さないようにする人]
2015年11月06日[私の子供の教育、とても遅かった]
2015年11月07日[私の未来]

11月02日~11月07日の朝の手紙(PDF)11月02日~11月07日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

불이 꺼지지 않게 하는 사람
모두들 자기가 옳다.
자기를 따르라 소리치는 세상입니다.
하지만 정말 필요한 사람은
불을 붙이는 사람이 아니라,
불이 꺼지지 않게 하는 사람입니다.
- 변상욱의《우리 이렇게 살자》중에서 -
* 불을 붙이는 것도 중요하지만
불이 꺼지지 않게 하는 것은 더 중요합니다.
불을 붙이는 것이 창조라면, 불이 꺼지지 않게
하는 것은 삶입니다. 사랑의 불길도
꺼지지 않고 계속 타올라야
새로운 창조가 나옵니다.

火を消さないようにする人
みな自分が正しい
自分に従えと叫ぶ世の中です
しかし、本当に必要な人は
火をつける人ではなく
火を消さないようにする人です
- ビョン・サンウクの<我々はこう生きよう>より -
* 火をつけることも重要だが
火を消さないようにすることはさらに重要です
火をつけることが創造なら、火を消さないように
することは人生です。愛の炎も
消さずに、続けて燃えて
新しい想像が出ます。

ホントそうだなーと思いました。

目立つことは苦手なので、

こっそり火を消さないようにする人を目指します(笑)

残り少ないですが良い週末を~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 7日 (土)

ふとした一言

ブログを書いていて、おもしろいなと思ったことがあります。

それは、「私にとって何気なく自然体で書いたことが

大きな反響をいただくことが多い」ことです。

ブナの木(本文と関係ないです)

その典型例が、hana1周年記念号のだったように思います。

アンケートに対して第一印象を重視して記入しましたが

送信する前に、この内容で、記事になるのかな・・

と不安に駆られましたが

最終的には、自分にできることに集中して

あとは、プロにお任せしようと思い、ほぼ内容を変えず送信しました。

結果的にそれがよかったのかなぁと思っています。

私は、自分の実感としても、私の周りの方々とは視点が違う気がします(笑)

そこを、なるべく意識せず自然体で

これからも言葉にのせていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 3日 (火)

2015年10月26日~10月31日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2015年10月26日[二人でともに]
2015年10月27日[平凡さの中の非凡さ]
2015年10月28日[人は一人で生きられない]
2015年10月29日[美しく始めなさい]
2015年10月30日['一目ぼれ']
2015年10月31日[愛する内面の子供に]

10月26日~10月31日の朝の手紙(PDF)10月26日~10月31日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

그렇게
그와 헤어지고 난 후
한참이 지나서야 난 그때의 경험이
내게 무엇을 가져다주었는지 깨닫게 되었다.
그리고 그 깨달음은 내게 가장 소중한 보물이
되었다. 비범한 것은 평범한 사람들의
길 위에 존재한다는 것.
- 파울로 코엘료의《순례자》중에서 -
* 이번 산티아고 순례길 여행에서도
'평범함 속의 비범함'을 발견할 수 있었습니다.
걷는다는 것은 너무나도 평범한 일입니다.
그러나 함께 걸었던 83명 전원이 모두 열렸고
모두 치유되는 놀라운 경험을 공유했습니다.
길이 곧 삶이요 눈물인 것도
알게 되었습니다.

そのように
彼と別れた後
しばらく過ぎ去った後、その時の経験が
私に何をもたらしてくれたかを気づくようになった
そして、その悟りは私に一番大切な宝物に
なった。非凡なことは平凡な人々の
道の上に存在すること
- パウロ・コエーリョの<巡礼者>より -
* 今回、サンチアゴ巡礼の道の旅行からも
’平凡さの中の非凡さ’を発見することができました
歩くことは、とても平凡なことです
しかしともに歩いた83人全員が皆開かれて
皆治癒される、驚く経験を共有しました
道がまさに人生でしょう。涙であることも
分かるようになりました

今頃気づきましたが、こちらは植林(常緑樹)が多くて、近くの山を見ても、葉が青々としています。

それでも、11月中旬にかけて紅葉のピークを迎えるようです。

十分寒さ対策して、また山歩きに出かけたいと思います。

サンチアゴ巡礼いいねですねー

NHKBSプレミアムで放送していた「1本の道」のコーンウォール(英国)やヴェルドン渓谷(フランスプロバンス地方)も素敵でした。

いつか欧州行ってみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »