« 2016年01月25日~01月30日の朝の手紙 | トップページ | OCNシムのスピードテスト »

2016年2月 7日 (日)

2016年02月01日~02月06日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2016年02月01日[何故、筆写をするのか]
2016年02月02日[一つは'想像'、もう一つは'本']
2016年02月03日[とても痛い細胞の記憶]
2016年02月04日[不確実な我々時代の青春]
2016年02月05日[鉛筆10本が擦り減るように]
2016年02月06日[懐かしさの終わりは]

02月01日~02月06日の朝の手紙(PDF)02月01日~02月06日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

하나는 '상상', 또 하나는 '책'
제게는 시간이 날 때
두 가지 선택이 있는데요,
하나는 상상, 또 하나는 책이에요.
책은 심심할 때도 보지만 뭔가 색다른 걸
하고 싶을 때도 보아요. 퍼즐 같은 것은 한 번
하고 나면 재미가 없잖아요? 책은 여러 번 보아도
질리지가 않아요. '파브르 곤충기'라든가
'그리스 로마 신화' 같은 건
아직도 보거든요.
- 장영란, 김광화의《아이들은 자연이다》중에서 -
* '상상'과 '책'.
공통점이 많습니다.
혼자서 시간을 보낼 수 있다는 점이 같고,
생각이 깊어지고 풍요로워지는 점도 같습니다.
'상상'이 먼발치 목표물이라면 '책'은 화살입니다.
화살을 여러 번 반복해서 쏘고 또 쏘아봐야
내가 바라고 꿈꾸는 상상의 세계가
내 손안에 들어옵니다.

一つは'想像'、もう一つは'本'
私に時間があるとき
二つの選択があります
一つは想像、もう一つは本です
本は、退屈な時も見るが、何か目新しいことを
したいときもみます。パズルのようなことは一度
してみたら、面白くないでしょう?本は何回見ても
飽きないです。'ファーブル昆虫記'だろうが
'ギリシャ神話'のようなのは
今もみます
- チャン・ヨンラン、キム・クワンファの<子供は自然だ>より -
* '想像'と'本'
共通点が多いです
一人で時間を過ごすことができる点が同じで
考えが深くなって、豊かになる点も同じです
'想像'が少し離れた目標物なら'本'は矢です
矢は、何度も繰り返して撃って、さらに撃って
私が望む夢みる想像の世界が
私の手の中に入ってきます。

やっぱり、繰り返し、地道な努力・・・でしすよね。

今は、スマートフォンの普及で、意識せず記録をとってくれて

しかも分析して、分析して傾向を教えてくれたりします。

また、SNSなどで頑張ってらっしゃる方に接するととてもいい刺激を受けます。

そういう意味では、最近はとても続けやすい世の中になったように思います。

厳しい時代ですが、まだまだ楽しいことを見つけて続けていきたいです。

|

« 2016年01月25日~01月30日の朝の手紙 | トップページ | OCNシムのスピードテスト »

韓国語@2016コ・ドウォンの朝の手紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016年02月01日~02月06日の朝の手紙:

« 2016年01月25日~01月30日の朝の手紙 | トップページ | OCNシムのスピードテスト »