« 2016年02月11日~02月20日の朝の手紙 | トップページ | 梅の花が満開です。 »

2016年2月28日 (日)

2016年02月22日~02月27日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2016年02月22日[永遠な勝利者]
2016年02月23日[一息休むくらいの短い時間]
2016年02月24日[空気がいい森の中の道]
2016年02月25日[利他心の恩恵者]
2016年02月26日[山と神]
2016年02月27日[創造的考え、型に閉じ込められた考え]

02月22日~02月27日の朝の手紙(PDF)02月22日~02月27日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

산과 신
대자연이라는
침묵의 사원 속으로 들어간 수도사들은
산과 신이 다르지 않다는 것을
결국 깨달았다.
- 김선미의《외롭거든 산으로 가라》중에서 -
* 그래서 많은 사람들이
신을 찾아 산으로 올라갑니다.
산에 신이 있는 것을 알게 되면
내 안에 신이 있는 것도
알게 됩니다.

山と神
大自然という
沈黙の寺院の中に、入った修道者たちは
山と神が違わないことを
結局悟った
- カン・ソンミの<寂しければ山に行きなさい>より -
* だからたくさんの人々が
神を訪ねて、山に登っていきます
山に神がいることを分かるようになれば
私の中に神がいることを
分かるようになります。

九州の山って、山岳信仰の対象になっている山多いんですよね。

この写真は虚空蔵山の山頂付近の写真です。祠があります。

虚空蔵山山頂の祠

ずっと大切にいていただいたおかげで今、私もその恩恵を受け登山ができると思うと、とてもありがたい気持ちになります。

脈々と続いてきた歴史は、きっとこれからも続くのでしょうね。

朝の手紙にありますように、歴史を垣間見るができることも登山の魅力ですね。

日本三大修験山の一つである英彦山(福岡県)もいつか登ってみたいです。

|

« 2016年02月11日~02月20日の朝の手紙 | トップページ | 梅の花が満開です。 »

韓国語@2016コ・ドウォンの朝の手紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016年02月22日~02月27日の朝の手紙:

« 2016年02月11日~02月20日の朝の手紙 | トップページ | 梅の花が満開です。 »