« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月29日 (火)

so-netの0sim

データ通信のみ月500MBまでの使用だったら0円というシムカードを入手しました。

万が一のバックアップ用に使おうと思っています。

利用者としては月0円はとてもありがたいですが。。。

それでサービスして成り立つのかがとても気になります(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月21日 (月)

NIKE+Runningの走行距離が250kmを超えました。

40代になって始めたジョギング。継続して楽しんでいます。

走行記録

本年1月途中から、計測アプリをNIKE+Runningに変えてみました。

細かく記録が記録されてホント励みになりますね!

ちょっと前までは、活動量計との組み合わせで、脂肪燃焼ゾーンになるくらいの脈拍数(1分に130回程度)で走っていましたが、

何とか1kmを5分台で走りたい!っと

有酸素運動で心肺機能を向上させてみようというわけで

いまでは、もう少し負荷をかけ、1分間に148くらいの心拍数を目標に走っています。

鳥のさえずりや、菜の花をみかけ、春を実感しています。

いい季節になってきました~^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月20日 (日)

2016年03月14日~03月19日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2016年03月14日[かえって見る部屋]
2016年03月15日[人工知能に詩はかけない]
2016年03月16日['毒素排出'が最初だ]
2016年03月17日['長い間とどまってるね…']
2016年03月18日[がんばれ!私も、あなたも]
2016年03月19日[メモも積もればノウハウになる]

03月14日~03月19日の朝の手紙(PDF)03月14日~03月19日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

인공지능이 시는 쓸 수 없다
이제 우리는
땅을 성스럽게 여기지 않고
단순하게 '자원'으로 보기 때문에
환경 재앙의 위험에 처해 있다. 뛰어난
과학기술적 재능에 뒤처지지 않는 어떤
정신적 혁명이 없으면, 이 행성을
구하지 못할 것 같은
느낌이 든다.
- 카렌 암스트롱의《축의 시대》중에서 -
* 인간의 과학기술적 재능이
인공지능을 만들고, 그 인공지능이
인간의 환경을 지배하는 세상이 되었습니다.
그럴수록 '마음공부'와 정신혁명의 중요성이
더욱 커지고 있습니다. 제 아무리 인공지능이
발달해도 사람의 마음은 다스릴 수 없고,
사랑의 스킨십과 시(詩)는
대신할 수 없습니다.

人工知能に詩はかけない
今我々は
土地を神聖に思わず
単純に'資源'としてみるため
環境災難の危険に瀕している。卓越した
科学技術的才能に、取り残されないある
精神的革命がなければ、この惑星を
救うことができないような
感じがする
- カレン・アームストロングの<軸の時代>より -
* 人間の科学技術的才能が
人工知能を作り、その人工知能が
人間の環境を支配する世の中になりました
そうするほど'心の勉強'と精神革命の重要性が
いっそう大きくなります。いくら人工知能が
発達しても、人の心は収めることができず
愛のスキンシップと詩は
かわることができません。

囲碁で、コンピューター(人工知能)がプロ棋士に勝つ時代が、私の生きている間に来るとは思いませんでした。

今までは、囲碁のプログラムは(一般的なプログラムもそうだと思いますが)、人間がいい手、悪い手を教え込んでいました。

ですから、それから外れると急に弱くなったりしていました。

それが今では、膨大なプロ棋士の対戦データをコンピューター自ら読み解きます。

そしてコンピューター自身ががいいか悪いかを判断する深層学習(ディープラーニング)という手法がとられています。

ですから、コンピューター同士で対局させれば、対局すればするほど学んで、強くなるという(^^;)

これは、一種のブレークスルー(障壁突破)で、今後ビックデータと言われる、膨大なデータがもっと活用されて、

私たちの生活に、もっと人工知能が寄与する時代が来るでしょうね。

21世紀にドラえもんは現れなかったけど、違う意味ですごい時代がきたなあと、アルファ碁の勝利の報道に接し思いました。

当然、どんなものごとにもいいこと悪いこと両面あると思います。

私は、気を付けながらも、なるべくいいところを見ていきたいです。

P.S.コンピューターには詳しくないので、間違い等あるかもしれません。ご了承くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月16日 (水)

祖母山に登りました。

日本百名山で、宮崎県と大分県の県境にある祖母山(1756.4m)に登りました。

一番ポピュラーな北谷登山口から登りました。

3キロほどの距離で高低差750mを登るという、今まで一番の急こう配で、非常に体力がいりました(^^;)

たどり着いた山頂付近は、初めて見る樹氷がとてもきれいでした。

九州でも樹氷が見れるんですね。

いやー知りませんでした(^^;)

山頂からは、阿蘇山、くじゅう連山、由布岳、大崩山が見えました。

こんな天気のいい日に登ることができてとてもラッキーでした~

遥かに眺める阿蘇山もきれいでした。

また、山々が連なる姿も素敵でした。

九州の自然も素晴らしいです。

私は生まれて40年間宮崎を訪れたことがありませんでしたが、

去年今年とすでに3回も訪れてしまいました。

急に宮崎県にご縁ができました。

また、ぼちぼちと日帰りの山旅に出かけたいと思います。

祖母山の由来は、山頂の神武天皇の祖母にあたる豊玉姫が祭られていることからだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月13日 (日)

2016年03月07日~03月12日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2016年03月07日[雄宝香、白山菊、モミジハグマ、チョウセンヨメナ]
2016年03月08日[空と風と星と詩]
2016年03月09日[話を聞かせること]
2016年03月10日[近くにあること]
2016年03月11日[あなたと私の因縁]
2016年03月12日[師弟]

03月07日~03月12日の朝の手紙(PDF)03月07日~03月12日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

곰취, 참취, 단풍취, 벌개미취
곰취, 참취, 단풍취, 벌개미취...
온갖 종류의 취는 저마다 모양도 조금씩 다르다.
곰취는 깻잎과 비슷하면서 좀 더 둥글고,
참취는 곰취에 비해 잎이 뾰족한 편이다.
단풍취는 단풍잎과 닮았다. 벌개미취는
난처럼 얇고 긴 모양의 잎이 난다.
'어머, 이게 먹는 거였어?'할 만큼
우리 눈에 낯익은 식물이다.
- 신혜정의《엄마의 약초산행》중에서 -
* 곰취, 참취, 단풍취, 벌개미취...
이름만 들어도 정감이 묻어납니다.
입안에 향기가 돌고 풋풋한 기운이 느껴집니다.
인간의 건강에도 다시 없이 좋은 식재료들,
'사람 살리는 밥상'의 주인공들입니다.
옹달샘에도 지천으로 돋아나
봄향기를 선물합니다.

雄宝香、白山菊、モミジハグマ、チョウセンヨメナ
雄宝香、白山菊、モミジハグマ、チョウセンヨメナ
あらゆる種類の菊は、各々模様も少しづつ違う
雄宝香は、エゴマの葉と似ていながら、ちょっと丸く
白山菊は、雄宝香に比べ葉がとがった方だ
モミジハグマは、紅葉の葉と似ていた。チョウセンヨメナは
蘭のように細く長い模様の葉が出る
'あ、これ食べ物だった?'というほど
我々の見慣れた植物だ
- シン・ヘジョンの<母の薬草山行>より -
* 雄宝香、白山菊、モミジハグマ、チョウセンヨメナ
名前だけ聞いても、情感が漂います
口の中に香りが入って、みずみずしい気運が感じられます
人間の健康にも、またとない良い食材
'人を生かす食膳'の主人公です
小さな泉にも、ありふれて生えて
春の香りの贈り物です

菜の花が咲き、梅が咲き、山にはマンサクが咲く季節となりました。

そろそろ、山にも春の花が咲くころだと思います。

今年も、春の花山行出かけなければ!!

それもまず自分の健康があってこそですね^^

日々の健康にも努めたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 9日 (水)

韓国語学習ジャーナルhana vol12買いました

今回の特集は、間接話法の全て!というとで!

練習問題も交え事細かに、解説があります!

ボチボチとといてりますが。。うろ覚えで間違ってばかりです(苦笑)

それがドリルを解いているみたいな感じでとても解きごたえがあります!

そうそう、本号に記載があるのですが

기분이 나쁘다(気分が悪い)は、

日本語だと、体調が悪くて気分悪いかんじですが、

韓国語は、不愉快で気分が悪いというニュアンスなんだとか!!

これは、注意しなければならない言葉ですね(^^;)

恥ずかしながら、初めて知りました(^^;)

隙間時間を利用してこれからぐりぐりといていきたいと思います!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 7日 (月)

黒髪山にのぼりました。

乳待坊から登ったのは初めてでした。3時間ほどの山行でした。

この乳待坊展望台から見る、黒髪山山頂の天童岩、雄岩、雌岩の迫力がすごかったです。

黒髪山は標高516mでそんなに高くないですが、山頂付近の岩場は鎖場になっていて、体全体を使って30分ほど登ります(^^;)

なので普通の山歩きとは違った魅力があります。

それを越えると山頂は360度のパノラマです!

こういう景色を見ると登ってよかったーって思います。

私は、日帰り用の装備しか持ってないのですが、それでも楽しめる山が近くにいっぱいあって楽しませていただいてます。

登山者も多くなくゆっくり静かな登山を楽しめるのも魅力です。

最近思うのですが、それぞれの山にそれぞれの魅力があります。

それを見つけるのがとても楽しいです。

また、山の花は時期によって変わるので、季節を通して色んな山に登って楽しみたいと思います。

いよいよ春本番、これから楽しみです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月 6日 (日)

2016年02月29日~03月05日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2016年02月29日[空の下、ちょうど一輪]
2016年03月01日[必ず銘じなければならない人生の必須徳目]
2016年03月02日[愚かになるな]
2016年03月03日[春、木に水が昇る音]
2016年03月04日['今すぐ休んで回復しなければなりません']
2016年03月05日[君、もう話すのか]

02月29日~03月05日の朝の手紙(PDF)02月29日~03月05日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

봄, 나무에 물 오르는 소리
아나스타시아 권유에 따라
나는 손바닥을 나무 기둥에 대고
그 나무가 내는 소리를 들을 수 있었다.
그 소리는 고압 송전선 밑에서 들을 수 있는
소리와 비슷한 갈라지는 듯한 소리였는데,
그보단 좀 더 크게 울리는 소리였다.
- 블라지미르 메그레의《아나스타시아1》중에서 -
* 봄이 다가왔습니다.
산에 올라 나무에 귀를 대 보세요.
물 오르는 소리를 들을 수 있습니다.
경이로운 생명의 소리, 순환의 소리입니다.
내 몸의 세포도 함께 깨어나는 듯합니다.
온몸에 치유의 기운이 흐릅니다.

春、木に水が昇る音
アナスタシアの勧めによって
私は、手のひらを木の柱に当てて
その木が出す音を聞くことができた
その音は、高圧送電線の下で聞くことができる
音と同じような、割れるような音だったが
それより、ちょっと大きく響く音だった
- ウラジミール・メグレの<アナスタシア1>より -
* 春が近づいてきました
山に登って、木に耳を当ててみてください
水が昇る音を聞くことができます
驚くべき生命の音、循環の音です。
私の体の細胞もともに目覚めるようです
全身に治癒の気運が流れます

わたしも、ブナの木から聞こえる音を聞いたことがあります。

記事にする前にちょっと調べてみたら・・・

【葉や幹が揺れたり,葉を虫が食べたりといった様々原因の音の融合と思います。雨の日の方が音が大きいですから葉に当たる雨の音・幹の表面を流れる水の音から,「水の音」となったのではと思います。】 教えて!gooより

ということで、驚きましたけれど(苦笑)

それでも、とっても神秘的な音だったので^^

また登山に出かけて、こちらの山のブナの木でも、聞いてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »