« NIKE+Runningの走行距離が400kmを超えました。 | トップページ | 井原山と雷山に登りました。 »

2016年5月 3日 (火)

2016年04月25日~04月30日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2016年04月25日[今ここで幸せなこと]
2016年04月26日[両腕を広げて抱きしめたい]
2016年04月27日[奇跡の島]
2016年04月28日[花に水をあげる人]
2016年04月29日[初恋の記憶]
2016年04月30日[愛が宿った手]

04月18日~04月23日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

첫사랑의 기억
잠시 전 자동차를 타고
올 때만 해도 내가 머릿속에 그렸던 것은
군대 가기 바로 직전 보았던 스물두 살 무렵의
자현이 얼굴이었다. 그때 그대로는 아니지만,
나이는 먹었어도 그래도 옛 모습이 많이 남아있는
얼굴이었다. 첫사랑의 느낌은 나이를 먹지 않아도
그 첫사랑은 어쩔 수 없이 나이를 먹은 얼굴로
내 앞에 서 있었다. 내가 마흔두 살이듯
자현이도 마흔두 살인 것이었다.
"오랜만이다. 정말."
- 이순원의《첫사랑》중에서 -
* 세월이 흘렀어도 첫사랑의 느낌은
20년 전 그 시간, 그 자리에 머물러 있습니다.
나이들어 몸은 늙었어도 마음만은 늘 청춘입니다.
그 첫사랑의 기억이 우리를 풋풋하게 합니다.
그 풋풋함이 말라버린 내 마음을
다시 촉촉하게 적셔 줍니다.
꽃이 피어납니다.

初恋の記憶
ちょっと前、車に乗って
降りようとしても、私が頭の中に描いたのは
軍隊に行く直前に見た、22歳のころの
チャヒョンの顔だった。その時、そのままあなたではないが
歳をとっても、それでも昔の姿が多くのこっている
顔だった。初恋の感じは年を取らなくても
その初恋は、仕方なく年を取った顔で
私の前に立っていた。私が42歳であるように
チャヒョンも42歳であるのだ
"久し振り、本当に"
- イ・スンウォンの<初恋>より -
* 年月が流れても、初恋の感じは
20年前のその瞬間、その場所に留まっています
歳をとって、体は老いても心だけはずっと青春です
その初恋の記憶が我々を、みずみずしくします
そのみずみずしさが、枯れてしまった私の心を
もう一度、しっとり濡らしてくれます
花が咲きます。

くしくも私も今42歳です。

そういえば同窓会で恩師の先生が42で担任から外れて、

学年主任になったというようなことを言われてました。

自分ではまだあまり実感ないけれど、、もうそんな年なんですよね。

ふとした再会の際、大丈夫?とご心配をおかけしないよう(苦笑)

「私は元気です!」っとせめていえるようにありたいです!

あ!韓国語ジャーナルhanaを買わなければ!!!

|

« NIKE+Runningの走行距離が400kmを超えました。 | トップページ | 井原山と雷山に登りました。 »

韓国語@2016コ・ドウォンの朝の手紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016年04月25日~04月30日の朝の手紙:

« NIKE+Runningの走行距離が400kmを超えました。 | トップページ | 井原山と雷山に登りました。 »