« 雨の日(ハングル日記) | トップページ | 2016年06月20日~07月02日の朝の手紙 »

2016年6月19日 (日)

2016年06月13日~06月18日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2016年06月13日['共感'を越えて]
2016年06月14日[霊性の時代]
2016年06月15日[謙遜の敷居]
2016年06月16日[内腿が太くて]
2016年06月17日[誰とともに行くか]
2016年06月18日[人と事物の差異]

06月06日~06月11日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

사람과 사물의 차이
우리가 자율적으로, 즉
자신에게 부여한 법칙대로 행동한다는 것은
행동 그 자체가 목적이 된다는 뜻이다. 우리는
저 밖에 주어진 목적의 도구가 되지 않는다.
자율적으로 행동하는 덕에, 인간의 삶은
특별한 존엄성을 지닌다. 바로 이것이
사람과 사물의 차이이다.
- 마이클 샌델의《정의란 무엇인가》중에서 -
* 살아가면서 우리는
어떤 결과를 얻기 위해 행동하는 경우가 많습니다.
하지만 결과만을 위해 행동하다 보면 결국 스스로를
도구나 수단으로 밖에 지나지 않게 만들어 버립니다.
나의 가치는, 그리고 인간으로서의 존엄성은
나의 행동 그 자체가 목적이 될 때
비로소 온전히 빛날 것입니다.

人と事物の差異
我々が自律的に、すなわち
自分に付与した、法則のまま行動することは
行動それ自体が、目的になるという意味です。我々は
その外で与えられた目的の道具にならない。
自律的に行動するおかげで、人間の人生は
特別な尊厳を持っている。まさにそれが
人と事物の差異だ
- マイケル・サンデル<これからの「正義」の話をしよう(邦題)>より -
* 生きていきながら我々は
ある結果を得るために行動する場合が多いです
しかし結果だけのために行動するれば、結局自らを
道具や手段にしか過ぎないようにしてしまいます。
私の価値は、そして人間としての尊厳は
私の行動自体がその目的になるとき
初めて完全に光り輝くのです。

久し振りに、サンデル教授の話題に接しました(笑)

ちょうど、こういうことを思っていた時にこの手紙が来ました。

結果を気にすると、欲も出るし、未練も出ちゃうんですよね。

私は、自分なりの行動を尽くせば、結果や他人の評価は気にしないようにしています。

結果は自然とついてくるものだし、

たとえ失敗してもそれが最善を尽くしたものなら受け入れるしかないし(苦笑)

そんな時は、走って忘れるようにしています。

体を動かすと本当に前向きになれます。

というわけで今日も走って来ようっと!

|

« 雨の日(ハングル日記) | トップページ | 2016年06月20日~07月02日の朝の手紙 »

韓国語@2016コ・ドウォンの朝の手紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016年06月13日~06月18日の朝の手紙:

« 雨の日(ハングル日記) | トップページ | 2016年06月20日~07月02日の朝の手紙 »