« 2016年09月26日~10月01日の朝の手紙 | トップページ | 天山でムラサキセンブリをみつけました! »

2016年10月12日 (水)

2016年10月03日~10月08日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2016年10月03日[詩人は恋人の体で宇宙を見る]
2016年10月04日[庭に行く]
2016年10月05日[喜びの波]
2016年10月06日['心の技術'一つだけで…]
2016年10月07日[私の治癒はあなただ]
2016年10月08日[美文の人生を生きよう]

10月03日~10月08日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

미문의 인생을 살자
흔한 인생을 살아가더라도
흔치 않은 사람이 되자. 미문을 쓰겠다면
먼저 미문의 인생을 살자. 이 말은 평범한 일상에
늘 감사하는 사람이 되자는 말이기도 하다.
그게 바로 미문의 인생이다.
- 김연수의《소설가의 일》중에서 -
* 우리는 때때로 자신의 인생이
남보다 특별하지 않음에 실망합니다.
하지만 모든 사소함과 평범함에 애정이 깃들 때
비로소 특별함도 싹틀 수 있지 않을까요?
나를 보다 비범하게 만드는 것도 내 인생을
보다 풍요롭게 만드는 것도 자기 자신에 대한
애정에서부터 출발합니다.

美文の人生を生きよう
ありふれた人生を生きていても
ありふれない人になろう。美文を書こうとするなら
まず美文の人生を生きよう。この言葉は平凡な人生に
いつも感謝する人になろうという言葉でもある
それがまさに美文の人生だ
- キム・ヨンジュの<小説家の仕事>より -
* 我々は時に、自分の人生が
他人より特別でないことに失望します
しかし、すべての些細さと、平凡さに愛情がこもった時
ようやく特別さも芽生えることができるのではないでしょうか?
私をより非凡にすることも、私の人生を
より豊かにすることも、自分自身に対する
愛情から出発します。

若いころは、他人の芝がよくみえたものですが

今ようやく、足るを知る者は富むという言葉が少しわかってきた

そんな気がします。

そんな気とともに、韓国に行きたい気運が少し少なくなってますけど(^^;)

今はそれでいいのかなって思います。

またそのうち韓国熱が戻ってくるのをぼちぼち待ちたいと思いますw

|

« 2016年09月26日~10月01日の朝の手紙 | トップページ | 天山でムラサキセンブリをみつけました! »

韓国語@2016コ・ドウォンの朝の手紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016年10月03日~10月08日の朝の手紙:

« 2016年09月26日~10月01日の朝の手紙 | トップページ | 天山でムラサキセンブリをみつけました! »