« 2016年10月31日~11月05日の朝の手紙 | トップページ | 2016年11月14日~11月19日の朝の手紙 »

2016年11月19日 (土)

2016年11月07日~11月12日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2016年11月07日[ロープひとつ]
2016年11月08日[幼い時の経験が一生をいく]
2016年11月09日[前と後、表面と中が違えば]
2016年11月10日[汗と涙と血の川]
2016年11月11日[魔法の場所]
2016年11月12日[切実な心]

11月07日~11月12日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

간절한 마음
원하는
무엇을 찾지 못한다면
눈을 감고 손을 내밀어 보자.
다시 눈을 뜨고 팔을 천천히 저어 보자.
모든 것들은 손을 뻗으면 닿을 수 있는곳에 있으니까.
하지만 손을 뻗어도 찾지 못한다면
그것은 잃어버린 것이 아니라
떠나버린 것이다.
- 심승현의《파페포포 메모리즈》중에서 -
* 위기가 곧 기회입니다.
그 어떤 위기 상황도 '바른 방향'으로 이어지기를
간절한 마음으로 팔을 뻗으면 더 좋은 기회로 다가옵니다.
그러나 간절하지도 않고, 노력도 하지 않는다면
좋은 기회조차도 더 큰 위기로 바뀝니다.
지나고 나서 후회하는 일들이 없기를
간절한 마음으로 바라봅니다.

切実な心
望む
何かを探せないなら 
目を閉じて手を伸ばしてみよう
もう一度目を空けて、腕をゆっくり振ってみよう
すべてのことは、手を伸ばせば触れることができるところにあるから
しかし手を伸ばしても、探すことができないなら
それは失われたのではなく
去ってしまったのだ
- シン・スンヒョンの<パペポポメモリーズ>より -
* 危機がすなわち機会です
そのどんな危機状況も'正しい方向'につながるかを
切実な心で腕を伸ばせば、さらにいい機会が近づきます
しかし、切実でもなく、努力もしないなら
いい機会さえも、さらに大きな危機に変わります
過ぎてみて、後悔することがないかを
切実な心で眺めます

今日、新年のご挨拶を辞退するお手紙が来ました。

てっきり、親御さんがお亡くなりになったのか。。。と思ってました。

しかしよく見ると、亡くなったのは友人本人で、

お父様から挨拶を辞退する旨のはがきでした。

心から冥福をお祈りするとともに、

亡くなった友人のためにも悔いのない毎日を送りたいと思いました。

|

« 2016年10月31日~11月05日の朝の手紙 | トップページ | 2016年11月14日~11月19日の朝の手紙 »

韓国語@2016コ・ドウォンの朝の手紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016年11月07日~11月12日の朝の手紙:

« 2016年10月31日~11月05日の朝の手紙 | トップページ | 2016年11月14日~11月19日の朝の手紙 »